2011-01-19 00:01 | カテゴリ:SRのこと
 
今日は久しぶりに平日休みだったので、
 
キャブのセッティングをしました。
 
最近気温が低いせいもあり、
 
エンブレ時のアフターバーンがちょっと耳についたので。
 
メイン系は特にいじらずにスロー系のみを変更しました。
 
変更後だいぶ良くなりましたが、
 
まだ少し気になるところもあるので、
 
また次の休みにもう少し煮詰める必要がありそうです。
 
 
 
で、
 
キャブのセッティングをするときに毎回思うのですが、
 
BORE製のマニホールドの取り外しが非常に面倒くさいです。
 
 
 

 
 
 
現在はアダプタを着けているので、
 
マニホールドのみの時よりは多少取り外しが楽にはなりましたが、
 
純正マニホールドやオレブル製のマニホールドと比べると
 
作業性では大きく劣る気がします。
 
 
それに加え、BORE製のマニホールドに付属しているボルトが長いので
 
更に作業効率が悪いです。
 
このボルトを外すときは10mmのレンチを使用するのですが、
 
スペース的に少しずつしかまわすことが出来ません。
 
ギヤレンチを使用すれば楽なのですが、
 
持っている10㎜のギヤレンチは頭が大きく
 
これも、スペース的に使用することが出来ません。
 
 
 
そこでいろいろと考えました。
 
・ボルトをキャップボルトに変更。
 
→六角レンチでも取り外しの作業性は変わらないのでパス。
 
・ついているボルトの余分な長さ(7㎜)をカットする。
 
→グラインダー出してくるのが面倒だし、切るのも面倒なのでパス。
 
・ちょうどいい長さのボルトを買う。
 
→店が遠いし寒いしパス。
 
・頭の小さいギヤレンチを買う。
 
→この部分のだけの為に買うのはお金がもったいないからパス。
 
 
 
で、考え抜いた結果、
 
エキパイの固定方式と同じように、
 
ボルトを反対から取り付けて、ナットで固定することにしました。
 
ちょうど、マニホールドの付属ボルトは長いのでそのまま使用できるし。
 
 
 

 
 
 
 
これなら、キャブを取り付ける前にガスケットをセットすることが出来ます。
 
 
 

 
 
 
キャブの取り付けは、余っていた緩み止めナットで。
 
 
 

 
 
 
これで、キャブの取り外しの作業性が大幅にアップしました。
 
アダプタのねじ穴をなめる心配もなくなりました。
 
 
 
ただし、取り付けの最後の本締めの際に10㎜スパナが2本必要になりますが。
 
それと、
 
純正のエアクリーナーBOXがついていると、
 
キャブを後方にずらすスペースが少ないので、
 
この方法だと厳しいかもしれません。
 
あと、FCRやCRでは確認していません。
 
 
もしかしたら、
 
この固定方法は問題があるかもしれないので、
 
真似してみようかなと思う人は
 
自己責任でお願いいたします(汗)
 
 
最後に、
 
BOREのマニホールドは取り外しの時だけに不安があるだけで、
 
性能的にはまったく不満はありません。
 
夏前に、長距離のツーリングに行った際も、
 
パーコレーションなどの症状も出ませんでした。
 
※真夏の炎天下ではパーコレーションの心配よりも
 エンジンのほうが心配なので長距離ツーリングは行ってません(苦笑)
 
 
いろんな噂などもありますが、
 
理論上うんぬんより、
 
実際に取り付けてみないと体験できないと思います(^^)
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://soulfit.blog.fc2.com/tb.php/29-25819dbc