2011-02-27 20:38 | カテゴリ:SRのこと
 
お気に入りのスティンキーのシングルシート。
 
 
 

 
 
 
 
見た目も造りも非常によくできていて、とても気に入っているのですが、
 
以前からどうしても気になる箇所が1つだけあります。
 
 
 

 
 
 
 
それは、上の写真の赤丸で囲んだ部分のラインです。
 
 
 
フレームのラインと合っていないし、
 
フレームのプレス部分も見えてしまっています。
 
それにシートが浮いているようにも見えます。
 
なんか無理やりシートをつけているような気がして…。
 
SRを眺めている時も、
 
この部分にばっかり目が行ってしまいます。
 
 
 
ずっとモヤモヤしているのも精神的に良くないし…
 
 
 
気づいたらこんな状態に(苦笑)
 
 
 

 
 
 
 
とりあえず、耐水ペーパーで塗装をはがしました。
 
 
 
そして、
 
近所のFRP好きの料理人のおっちゃんから
 
FRPの材料をもらってきて、
 
 
 

 
 
 

 
 
 
必要なところに張ります。(※画像は硬化後です)
 
 
 
それから、
 
空いている時間を見計らって
 
夜な夜なライン決めして、
 
 
 

 
 
 
 
ラインが決まったら、パテ埋めしてから下地塗装。
 
 
 

 
 
 
素材がFRPだからプラサフは必要ないのかもしれないのですが、
 
下地で出来た小さな細かい傷を埋める為と、
 
パテ埋めの段差がないか確認したかったので念のために。
 
それに、ちょうどプラサフも余っていたので。
 
 
 
裏側は黒く塗装して、
 
気温が低いので投光機で暖めながら乾燥させました。
 
 
 

 
 
 
 
下地塗装が完了したら、
 
ブリティッシュグリーンっぽい色(三菱パジェロ(笑))
 
に塗装。
 
 
 

 
 

 
 
 
グリーンに塗装したら、
 
約1ヶ月ほどかけて乾燥させてからウレタンクリア。
グリーンのスプレーはラッカースプレーだから
念のため乾燥時間を長く取りました。
 
 
 

 
 
 
ウレタンクリアが完了したら
 
再度しっかり乾燥(今回は約1週間)させてから、
 
耐水ペーパー(#1000~#2000)で面出しして、
 
ブルーマジック→花咲じいさんで磨きをいれます。
 
最後にアルミのキッチンテープでラインを入れて完成です。
 
 
 

 
 
 
経過だけを見るとあっという間に完成した感じですが、
 
空いている時間でちょこちょこやったのと、
 
この季節で気温も低かったのと、
 
1つの行程で乾燥時間を長めにとったので、
 
ここまでで2ヶ月くらい経過しています(汗)
 
 
 
で、やっと車体に取り付け。
 
 
 

 
 
 

 
 
 
フレームのプレス部分も隠れて、
 
理想的なラインに近づきました。
 
欲を言えば、
 
後部がケツ上がりにならないように一直線にしたかったのですが、
 
そうすると後部の厚みが増して重く見えてしまうので
 
このラインで我慢します。
 
 
 
それと、
 
今回の加工の際に、以前からやりたかった事を
 
もう1つしました。
 
 
 
この穴です。
 
 
 

 
 
 
勘のいい人は気づいているかもしれませんが、
 
 
僕のSRはシート下にETCの本体があります。
 
今までは、カードを入れるたびにシートを取り外していましたが、
 
この穴加工でシートを外さなくても、
 
シートパッドを外すだけでカードが入れられるようになりました。
 
 

 
 
 

 
 
 
ただ穴を開けるだけだと強度が落ちるので、
 
裏からFRPで補強しました。
 
シートパッドの脱着方法は防犯上のため内緒です(笑)
 
 
 
時間はかかったけど、
 
満足満足♪
 
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://soulfit.blog.fc2.com/tb.php/27-41b2b9d2