-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018-04-16 19:04 | カテゴリ:SRのこと

長いこと愛用しているスティンキーのシングルシート。







シート下部のラインを変更したり、ETC用の加工したりしたのが7年前。



今回タンクの塗装と一緒にこのシートも塗装をお願いしたので、塗装前に以前からやりたかった加工をしてしまおうと。



それは、シート取り付けステーの加工です。



このシングルシートのオリジナルの取り付けステーはカスタムシートではよくある、ボルトがある程度前後に調整出来るタイプのものでした。







これがイケてなくて、車体の振動がダイレクトに伝わ流のでロングツーリングに向いていません。



これを純正のダンパーステーが取り付けられるように加工します。



そのままでは取り付けられないので、まずはいらない部分をカットします。







次に、ダンボールと養生テープで作った型をはめます。







その上からFRPを蓄積していきます。







硬化したら型を取り外し、表面を整えます。







純正のシートステーを合わすとこんな感じです。







これで完成と思ったのですが、ちょっと計算違いで、思ったより取り付け位置が高くなってしまい、後ろから見た時のフェンダーとの隙間が空いてしまって不恰好なので作り直します。







せっかく作った箇所をカットします(泣)







前回の土台を利用して、今回は小物入れ側からFRPを蓄積していきます。











ある程度硬化したら、裏側からもある程度蓄積します。







これで5ミリほどステーの取り付け位置が下がりました。







フェンダーとの隙間も少なくなりました。








これでシートの加工は完了です。



これをGrant Paint Worksさんに塗装してもらい、仕上がりはこちら。







トゥルントゥルン♩



裏側はつや消し黒で塗装してもらいました。







シート前方にはホームセンターで売っている耐震ゴムを使用しています。



取り付けるとこんな感じ。







シート下部をなるべく水平に、なおかつフレームのプレス部分が隠れるラインにしています。




ビフォーアフター。







見た目はほとんど変わりませんが、シートからお尻に伝わる振動は激減しました。



これでツーリングの時に少しマシになります。



満足、満足♪




関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://soulfit.blog.fc2.com/tb.php/174-0827c373
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。