-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-08-16 11:38 | カテゴリ:SRのこと
 
またあっという間に前回の車検から2年が過ぎてしまいました。
 
 
 
2年間の走行距離約2000km。
年間1000kmしか走ってません(汗)
全然乗れていないですね。
 
 
 
前回の車検の時に一人乗りに変更したので、
今回は、エアアシストをラムフィルタに変更しただけ。
車検場や検査官によってはファンネルでも通るかもしれないけど
念のために。
 
 
 
当日8時半に車検場に到着。
 
 
 

 
 
 
いつもは激混みの横浜の車検場も、
お盆で朝早いこともあってガラガラです。
 
受付をチャチャッと済ませて、9時の開始までライン前で待機。
 
この時点ではいつもどおり余裕で検査を終え、
9時半には帰れるかなと甘く考えていました。
 
 
 
9時になり検査官がだるそうに到着。
 
車体を一通りチェックされ、
保安系もマフラーも問題なくラインへ突入。
 
 
 
スピードメーターもOK。
ブレーキOK。
ヘッドライト…「X」
 
あれ?
 
ちょっと上過ぎで光量が足りません(汗)
 
ラインも出て、車検場の隅の壁で調整し
再度ラインへ。
 
 
 
ヘッドライト…「X」
 
 
 
まだ光量が足りません(汗)
13000しか出ていない…。
 
光軸合わせれば光量も上がるかなと
甘く考えていましたが駄目でした。
 
 
 
もう次で3回目なので、やばいです。
配線系をチェックしても異常なし。
もしかしたら球が古いのかも。
もう10年くらい使っているし(汗)
 
急いで車検場近くのNAPSに行って新品の球を購入。
2100円の出費…。
 
 
 
光軸を再度調整し、気を取り直してラインへ。
いつの間にかすごい人が(汗)
並んでる間に第一ラウンドが終了…。
9時半には帰れると思ったのに…。
 
 
 
休憩後、第二ラウンド開始。
最後のチャンスです。
結果。
 
 
 
ヘッドライト…「X」
 
 
光量12000…。
 
 
 
新品なのに下がってるし…。
検査員に聞くと、
回転あげても光量が上がっていないらしい。
レギュレターが駄目なのかも…。
バッテリーも古いし…。
どうしようといろいろと悩んで、
球自体に細工をし、2mmほど前に取り付けられるように加工。
念のためにレンズも入念に磨きました。
 
 
 
すでに3回落ちてしまったので、
再度検査料1300円払わなければなりません。
そして再度受け付けをし、
2週間限定の車検証を発行してもらい、
いざラインへ。
 
 
 
おお、
人が少なくなっている(喜)
 
 
 
と思ったら、
チャイムの音が…。
 
 
 
午前の部が終了してしまいました(泣)
 
 
 
この時点で11時45分。
午後の部は13時から…。
 
 
 
真夏の炎天下(この日は33度)、
1時間も待ちぼうけです。
 
 
 
とりあえず、
10時過ぎには帰るって言っていた奥さんに謝りの電話。
案の定、受話機先からは不機嫌な声(汗)
それを聞いて、ますますテンションダウン…。
30分ほど日陰でふて寝です。
 
 
 
やっと13時になりました。
 
 
 
気を取り直して再度ラインへ。
 
フットスイッチを踏み、
テスター機が登場。
 
緊張の瞬間。
 
テスター機が目の前でチョコチョコ動きます。
 
駄目かな?
 
いつもより時間が長く感じます。
 
結果…
 
 
 
ヘッドライト…「●」
 
 
 
やっと受かりました(号泣)
 
もうヘトヘトです。
 
 
 
新しい車検証が発行された時点で13時半…。
 
急いで帰宅し、
早速テスターで電圧のチェックを…、
 
 
とはいかずに、
奥さんの機嫌取りの為に、
疲れた体にムチ打って、買い物へ…。
 
その後夕食も作らされて…。
 
 
 
次の車検までには電装系をチェックしないと駄目ですね。
こんなことなら予備検受けてから行けばよかったなと思いました。
真夏の車検も想像以上に疲れますね。
次回はわざと車検切らして11月頃に行こうかな。
 
 
 
疲れた疲れた。
 
スポンサーサイト
2012-08-03 00:25 | カテゴリ:SRのこと
今年の夏も暑さが厳しいですね。
 
横浜も連日30度越えで、日中の炎天下でのバイク整備は
かなりきついです。
 
今年も節電の影響で、
 
お盆ではなく今週が夏休みです。
 
ちょうど夏休みに入る前に、シムズクラフトにお願いしていた
 
スイングアームのメッキ加工とその他必要な加工が
 
完成したので、休み中に作業することが出来ました。
 
後藤さんいろいろとありがとうございますm(_ _)m
 
 
まずは、現在のスイングアームを取り外します。
 
 
 

 
 
 
ここまでバラすだけで、あまりの暑さに身の危険を感じます(汗)
 
熱中症にならないように例年通り自家製塩入蜂蜜レモンで
 
水分、塩分補給をしつつ更に作業を続けます。
 
 
 
トルクロッドはボアエースのものを使用していますが、
 
スティンキーのスイングアームのトルクロッド取り付け部分は
 
厚さが厚くそのままではボアエースのトルクロッドは使用できません。
 
 
 

 

 
 
 
トルクロッドの加工はシムズクラフト経由でボアエースにお願いしました。
 
 
 

 
 
 
約5ミリに広げました。
 
これでスティンキーのスイングアームにボアエースの
 
トルクロッドを使用することが出来ます。
 
 
 

 
 
 
 
次に、チェーンケースを取り付ける為の
 
ネジ穴をシムズクラフトに加工してもらいました。
 
 
 

 
 
 
純正風の仕上がりでお願いし、希望通りになりました。
 
 
 
それと、あらかじめ作成していた自作のアルミステーも
 
メッキ加工しました。
 
 
 

 
 
 
スティンキーのスイングアームにはチェーン調整目盛りがなく、
 
整備性があまり良くないとおもったので、
 
調整目盛りをシムズクラフトに加工してもらいました。
 
 
 

 
 
初めはレーザー加工などいろいろな方法を後藤さんが考えてくれたのですが、
 
最終的に後藤さんがスコヤで手作業で加工してくれました。
 
本当にありがとうございますm(_ _)m
 
 
 
場所もスイングアーム上部で目立たず外観も崩しません。
 
 
 

 
 
最終的な調整はチェーンラインを見て行いますが、
はじめの目安の調整が行えるので、整備性が格段に良くなりました。
 
 
それとスティンキーのスイングアームのアクスルシャフトは
 
緩み止めナットタイプだったので、割りピンが使用できるようにしました。
 
 

 
 
割りピンを使用するほうが確実に緩まないような気がするので安心です。
 
 
 
そして、
 
スティンキーのスイングアームとシムズクラフトのトラディショナルマフラーの
 
組み合わせだとマフラーとスイングアームが干渉してしまうので、
 
マフラーステーを新たに製作してもらいました。
 
 

 
 
左が既存のマフラーステーで、右が新たに製作してもらったマフラーステーです。
 
下部に約1センチ下がるようにし、取り付け穴も長穴にしてもらったので、
 
上下左右に微調整が可能です。
 
 

 
これでマフラーがスイングアームに干渉せずに取り付けられました。
 
肝心の、メッキ加工後のスイングアーム単体の写真を撮るのを忘れていました(汗)
 
 
 
変更前の姿。
 
 
 

 
 
 
 
変更後の姿。
 
 

 

 

 

 

 

 
 
最高です。
 
思った以上にカッコいいです。
 
周りになんと言われようがカッコいいです(笑)
 
スティンキーの荒木さんが、
 
ロングタンクにはホイールベースを5cm伸ばすことに拘った理由が
 
分かった気がします。
 
写真では伝わらないかもしれませんが、
 
5cmホイールベースが伸びるだけで、小さく感じるSRが大きく見えます。
 
 
乗り味がどれだけ変化するか心配でしたが、
  
剛性がアップしたかな?
 
少し小回りしにくくなったかな?
 
走行中の安定感がましたかも?
 
位の感じです。
 
まだ大して走行していないので、
 
もっと走りこんでみないと分からないですね。
 
多少の違和感はあるものの、すぐに慣れると思います。
 
 
1つだけ明らかに変化を感じたのは、
 
リヤサスがよく動くようになりました。
 
今まではゴツゴツした乗り味でしたが、
 
角がとれたような感じ。
 
ホイールベースが長くなったことにより、
 
てこの原理の力が大きくなり、サスを押す力もおおきくなったのかな?
 
現状よりもう1段プリを掛けてもいいかもしれません。
 
この辺りも様子を見ながら調整していきます。
 
 
最後に、
 
取り付けのためにいろいろと面倒な加工のお願いを
 
いやな顔せずに引き受けてくれた後藤さんと、
 
譲ってくてたyouさんには本当に感謝です。
 
いろいろなご縁のおかげで、
 
長年の念願だったスティンキーのスイングアームが
 
とうとう自分のSRに取り付けることができました。
 
 
 
満足、満足♪
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。