2012-03-27 20:07 | カテゴリ:SRのこと
 
つづいては、
 
リヤフェンダーの加工です。
 
 
 
現在使用しているリヤフェンダーは、
 
ペイトンプレイスのショートステンレスフェンダーです。
 
 
 
これも、スウイングアームが5cmロングになることによって
 
前部のクリアランスがほぼなくなってしまいます。
 
 
 

 
 
 
これでは、走行時にフェンダーとスイングアームが
 
干渉してしまうので、長さを少しカットしました。
 
 
 

 
 
 
ちょっとカットしすぎたかも(汗)
 
 
ま、いっか。
 
実際に走行して泥ハネが酷かったら、
 
その時に対処しよう、そうしよう。
 
 
 
ここまでの作業が終わったら、
 
スイングアームを元に戻して
 
気分転換に軽く流してきました。
 
 

 
 
 
残す大きな作業は鍍金加工に向けての下地作りです。
 
 
いつ出来るかな…。
スポンサーサイト
2012-03-27 19:50 | カテゴリ:SRのこと
 
手に入れたスティンキーのスイングアームは
 
純正のスイングアームより5cmロングタイプのものです。
 
5cmロングになることによって、
 
既存のいろんな箇所を加工しなければなりません。
 
 
 
まずは、
 
シムズクラフトのチェーンケースを取り付けられる
 
ように加工しました。
 
 
 
スティンキーで現在販売されているスイングアームは
 
チェーンケースが取り付けられるように加工されていますが、
 
youさんから購入したスイングアームは古いタイプのものなので、
 
チェーンケース用の取り付け穴やステーがありません。
 
ですので、チェーンケース後部を取り付ける為のステーを作成します。
 
 
 
取り付ける位置はこのくらいで。
 
 
 

 
 
 
25x5㎜のアルミの板を使用し、
 
大まかな形にグラインダーで削りだします。
 
 
 

 
 
 
形を整えて軽く磨きます。
 
 
 

 
 
 
まだまだいびつな形ですが後で整えるので、
 
ひとまずこれでOKです。
 
 
 
そして取り付け。
 
 
 

 
 
 
スイングアームは鍍金にするので、
 
その時に一緒にステーも鍍金にしようと思います。
 
 
 
次に、
 
リヤサスが干渉しないように既存の切り欠きの箇所を
 
少し延長します。
 
 
 
元のままだとこれ位干渉してしまいます。
 
 
 

 
 
 
約3センチ切り欠きを延長します。
 
 
 

 
 

 
 
 
これで、リヤサスが干渉しなくなりました。
 
 
2012-03-27 19:01 | カテゴリ:SRのこと
 
だいぶ温かくなってきましたね。
 
最近の休日は、引きこもって勉強ばかりで
 
気持ちが滅入ってしまうので、
 
先週末は久しぶりにSRを、いじったり、乗ったりしました。
 
 
 
前回の記事でも少し書いた、
 
youさんから譲り受けたスティンキーのスイングアームと
 
純正のスイングアームの重さを比較しました。
 
 
 
純正スイングアーム。
 
 

 

 
 
 
アナログの体重計なので正確な数値は不明なのですが…、
 
アクスルシャフトとチェーン調整部品を含めて約5.5kg。
 
 
 
スティンキースイングアーム。
 
 
 

 

 
アクスルシャフトとチェーン調整部品を含めて約5kg。
 
 
 
純正とスティンキーのスイングアームの重量差は、わずか約500gでした。
 
 
 
スティンキーのスイングアームはアルミ製と耳にしたことがあったのですが、
 
どうやらスチール製っぽいですね。
 
磁石もくっついたし。
 
チェーン調整部品はアルミ製でした。
 
 
 
でも、元々腰下重量とかは特に気にしてないし、
 
剛性は純正よりはあがりそうだし、
 
何より、この造形美に惚れ込んでいるので
 
500gの差でも全然OKです。
 
腰下重量云々言うなら、
 
まずは純正ダブルディスクをやめればって感じですよね(笑)