-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-02-15 02:47 | カテゴリ:ツーリング&イベントのこと
2年前にデイトナビーチに行った時の写真です。

シンプルでかっこいいハーレーです。




作成したのは多分この人。




ケーブルテレビのディスカバリーチャンネルか何かでこの人を見た覚えがあります。

すごいタトゥーですね。かっこいいです。




この人は雰囲気があっていいですね。




この猫背ぐあいがキマってます。




ファンキーなおじいちゃんもいました。




ベースは何でしょう?

6気筒のエンジンが積んでありました。



おばあちゃんもキマってます。






こんなバイクもありました。




車のエンジンでしょうか?



そして一番気になったのがこのバイク。




ノートンコマンドーでしょうか?

僕も年とってセパハンがきつくなったら、

SRをこんな感じにしたいです。

トップブリッジとアップハンとロングリアフェンダーはストックしてあるので、
あとはこんな感じのシートを作ればいけそうです。



それにしてもアメリカ人のバイク熱とバイク文化はすごかったです!

日本も負けてられないですね。
スポンサーサイト
2009-02-15 01:40 | カテゴリ:SRのこと
人それぞれ、バイクを眺める時の好きな角度ってありますよね。


僕の場合、ある意味王道なのですが、

センタースタンドを駆けて、斜め後ろから見る角度が好きです。

特にSRの場合、マフラーと反対側のエンジンの形が好きです。




こっち側だとマフラーが見えないのが難点なのですが…。


次に好きなのは真横から見る角度です。





特に真横から見たときにタンクとシートの下のラインが一直線になっているバイクが好きです。

スティンキーのこのタイプのシートをそのままつけると前下がりについてしまうので、

ちょっと加工してなるべく一直線になるようにしました。

ノーマルのSRもXS-1もTXもRDも、みんなシートとタンクのラインが綺麗ですよね。

それとOMC-SRのタンクとシートのラインも綺麗ですよね。

あれは、あのフレームだからなせる技ですよね。

話はそれますがOMCのHPが最近全然更新されませんね。

ネタ切れでしょうか。


最後に前回の記事で質問があったのでハンドル周りの写真を。




僕の場合、セパハンはこれ位の角度が乗りやすくて好きです。

ノーマルタンク時代ははここまで絞るとハンドルストッパーをつけてもタンクにぶつかってしまいました。

かといって、絞りを広げるの乗りにくいし、何よりかっこ悪いと自分の中では思っています。

スティンキーにはいろいろタンクの種類があるのですが、

その中からこれを選んだのは、前部の幅が狭くハンドルを絞ってもあたらないからです。

このタンクとWMなどのハンドルストッパーの組み合わせで、この角度まで絞れます。

なおかつハンドルを切ったときに手をはさみません。

ただ、ハンドルロックは効かなくなるので、ロックが引っかかるストッパーを加工する必要があります。


ステムをボアエースのものに変更してからもこの角度を維持しています。

ボアエースのステムには、アップハンドル用とセパハン用のストッパーが用意されています。

僕の場合はアップハンドル用のものでも平気だと思ったのですが、

念のためセパハン用のものにしました。

切れ角が少なかったら削ればいいと思ったので。

で、装着してみたところ案の定切れ角が少なすぎて小回りが利かなくなってしまったので

元は2センチ位あったストッパーを1センチほど削りました。

これでノーマルに近い切れ角になりました。
2009-02-11 20:07 | カテゴリ:SRのこと
前回の記事のクラッチレバーの交換は年末にしたのですが、

年始は以前凹んだタンクを修理するつもりでした。


ですが、元旦から風邪を引いてしまい5日間寝込んでいました。


そんな感じで、正月休みは何も出来ずに終わってしまいました。


休み中は一銭も使わず出費もなかったので、

以前から狙っていたパーツが買えました。


買ったのは、ボアエースのマニホールドアダプターと、




トルクロッドです。





両パーツとも評判通り性能もよく、とても満足しています。


とくにアダプターの方は本当につけて良かったです。

性能も上がる上に、整備性も向上しました。


以前にマニーホールドをボアエースのものに交換してから

清掃やセッティングでキャブを外すたびにボルトを取り外すことによって

エンジン側のねじ山が損傷する恐れがあったのですが、

これに交換したことによってそれも解消しました。


この時期はあまり乗る機会がないので、

暖かくなってきたらセッティングの方もあわせていきたいと思います。


夏になったらボアエースのパーツの効果を見るのが楽しみです。
2009-02-11 19:38 | カテゴリ:SRのこと
久しぶりの更新です。

大分ネタもたまってきたので、がんばってUPしていきます。



まずは、年末のことですが掲題のとおりクラッチレバーを交換しました。


以前からクラッチレバーとホルダーの消耗の早さが気になっており、

ガタが出てきたら、純正パーツと交換していたのですが、

もっといい方法はないか考えていました。


候補としては、

1.マグラ油圧クラッチ

2.ボアエースのクラッチセット

3.他車種の流用

です。


まず1のマグラクラッチは金額&見た目でアウトです。

よく重い、重いと言われているSRのクラッチですが、

ワイヤー、プッシュロッド、クラッチリレーズシャフトの整備をきちっと

行っていれば、気になるほどでの重さじゃないのでわざわざ油圧にする必要は

ないと個人的に思っています。

それに今回の意図はクラッチを軽くしたいのではなく、レバーとホルダーの消耗の早さを

出来るだけ遅くし、ガタが出にくくなるようにすることです。


次に2ですが、これは正直購入するつもりでいました。

ただレバーの形状と、ハンドル周りがゴツくなりそうなので、悩んだ結果
やめました。

坂本さん、すいません。


で、最後に3ですが、このブログでちょくちょくお世話になっているmunroさん

のようにTZRのものを流用しようと考えていました。

しかし、これもレバー形状とホルダーのゴツさが気になり却下しました。


ようは現在つけているような、ストレートタイプのレバーでホルダーもシンプルな

ものがいいんですが、なかなか見当たりません。


しかし、オークションでいろいろと検索してみると、見つけました!


カワサキのZ系で使用されていたものです。

これならレバーもストレートで、ホルダーもSRよりしっかりしていて、

ブレーキレバーとも合いクラシック感も維持できます。


調べてみるとレバーもまだ純正新品で買えるみたいなので安心です。

早速¥1000ほどで落札し、届いてからホルダーの黒い塗装を落とし、磨いて取り付けました。








タッチも良く、ノーマルよりしっかりホールドされていて大成功です。

しいて言えば、レバーボルト部分に真鍮のカラーなどが入っていたらもっと良かったです。

でも金額的に安くすみました。

古い年代のパーツなので、販売終了する前に予備に新品のレバーも注文しました。

レバーは新品で\1600位です。

オークションだと新品で\3000~\10000近くで売られていました…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。