2012-12-05 21:57 | カテゴリ:バイク関係のこと

これかっこいいなー。




※ネタ元:http://blog.livedoor.jp/motersound/archives/51692330.html


ほんとに販売されるのかな


新車でここまで完成されているの販売されたら、

今までSRでコツコツと、こんな雰囲気に近づけてきたのが

馬鹿馬鹿しく思っちゃう(>β<)



でも、いいなー。

タンク、シート、フレームのラインに軽く嫉妬します。

スポンサーサイト
2011-02-10 20:53 | カテゴリ:バイク関係のこと
 
この冬に新しいジャケットを購入しました。
 
WESTREDERACING DOWN JACKET2
(ウエストライド レーシングダウンジャケット)
 です。
 
 
 
 

 
詳細は下記のリンク先に乗っています。
 
 
 
 
ダウンジャケットは何着か持っているのですが、
 
気温が8度以下になると、長距離のツーリング時は
 
ダウンジャケットだけでは通用せず、
 
その下に何枚か重ね着しなければなりませんでした。
 
特に気温が低い夜間走行時には、
 
ダウン+ユニクロインナーダウン+WINDSTOPPER素材のインナー+ロンT+ヒートテック
 
と、5枚重ねしていました()
 
 
 
ただ、コレだけ重ね着すると見た目はパンパンです(苦笑)
 
それに脱着が非常に面倒です。
 
 
 
毎年冬前になると、
 
何枚も重ね着する必要がなくて、暖かくて、使いやすくて、格好悪くない
 
バイク&普段着でも使えるダウンジャケットを探していましたが、
 
今シーズンにやっと理想としているものに出会えました。
 
 
 
それが冒頭で紹介した、
 
WESTRIDERACING DOWN JACKET2です。
 
 
 
販売元は新潟にあるウエスタンリバーというところなのですが、
 
横浜では、元町にあるSHOTGUN SHACKでも取り扱っていました。
 
 
 
実際に2ヶ月ほど使用してみた感想は
 
 
 
素材などの詳細は冒頭のリンク先で説明しているので省きますが、
 
シルエットはダウンジャケットにしては細身で僕好みのシルエットです。
 
サイズはXXSからXXLまでありますが、
 
僕の体型(178cm62kg)ではSサイズがちょうど良かったです。
 
 
 
裏地はボアになっています(腕部分はボア無し)
 
 
 

 
 
 
このボアのおかげで、
 
日中の8℃くらいならば、
 
インナーにはロンT1枚で十分でした。
 
 
 
早朝や夜間の寒いときには+スウェットを着てちょうど良いです。
 
それ以上の重ね着をするとキュウキュウになってしまいます。
 
それに、あまり中に着すぎてしまうと、
 
バイクから降りて行動するときに暑くなりすぎてしまいました。
 
それぐらい、このジャケットは暖かいです。
 
 
 
フロントのZip部分の表と裏には風が入らない構造になっています。
 
 
 

 
 
 

 
 
 
 
袖とネック部分は他の部分とは違う素材ですが、
 
防風、防水、透湿の素材です。
 
 
 
袖の一部分には革素材になっています。
 
 
 

 
 
 
 
これはフロントのZipperを開閉する際に、
 
袖の素材がマジックテープにくっついてほつれるのを
 
防ぐためらしいです。
 
前年度のモデルから改良されたみたいです。
 
 
 
冬場は袖部分が長いグローブを使用しているので、
 
それと併用すれば、袖口からの風の侵入を完全に防げます。
 
 
 
 

 
 
 
ネック部分は、隙間からわずかに風が侵入してくるので
 
長年愛用しているネッグウォーマーを併用しています。
 
 
 
 

 
 
 

 
 
 
 
これで首と顔周りは完璧です。
 
首の動きに支障もありません。
 
 
 
以上のように、
 
首周りのみ、若干風が侵入してしまうので、
 
ネッグウォーマーを併用していますが、
 
それ以外の部分では、
 
防寒、防風、防水、透湿性能は満足できるものです。
 
 
 
あえて、気になるところを挙げるとすれば、
 
 
 
わき腹の部分に、内部が暑くなりすぎた時の為に
 
内部の熱気を外に逃がす作りになっているのですが、
 
 
 

 
 
 
このZipperの開閉が非常にやりにくく、
 
着ている状態で開閉するのは大変面倒くさいです。
 
今までも1度も使った事がありません(苦笑)
 
 
 
それと、
 
このジャケットはポケットがたくさんついているのですが、
 
左胸には表と裏に両方あります。
 
 
 

 
 
 

これも両方に物を入れた場合、
 
非常にかさ張ってしまいます。
 
 
 
できたら、胸の内ポケットは
 
右側にあったらいいのにな、と。
 
 
 
短所を言うとしたらこのくらいでしょうか。
 
そのほかの部分は非常に満足しています。
 
 
 
今回の買い物はかなり満足できるものでした。
 
購入する前までは、金額の高さに躊躇していましたが、
 
実際に使用してみて、その金額に納得。
 
むしろ、モ○○○―ルなどと比べたら、
 
コストパフォーマンスはいいほうかなと。
 
 
 
このジャケット共、長いお付き合いになりますように。
2010-10-03 21:14 | カテゴリ:バイク関係のこと
 
先週、先々週と従弟のエストレアにかかりっきりでした。
 
大幅な変更ではないのですが、細かいところをいろいろと。
 
 
 
下の写真は途中まで手を入れた全体写真です。
 
 

 
 
 
 
で、変更後です。
 
 
 
タンクの色をダークグリーンからニッサンマーチ純正色のショコラブラウンに。
 
 
 

 
 
 
シリンダーは耐熱塗料で塗装。
 
エンジン下ろすのは面倒だったので、うまくマスキングしてそのまま塗装しました。
 
エンジンに黒い部分が入るとメリハリが出来て僕は好きです。
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
 
 
 
フロントとリヤのキャリパーとローターとフェンダーを黒く塗装。
 
リヤフェンダーの位置をタイヤのアールに合うように微調整。
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 フロントばらしたついでにフォークのOHもしときました。
 
 
 
以前僕のSRで使用していたチェーンカバーを装着しました。
 
 
 

 
 
 
そのままポン付けできないので、いろいろと加工して、
 
何とか装着。
 
チェーンカバーないと、服の背中にオイルが飛び散ってしまいますからね。
 
 
 
 
 
ノーマルではタンク下にメインキーと大きなホーンがあるのですが、
 
ホーンは小さいの物に変更し、メインキーはバッテリーBOXに移動。
 
それによって不要になった余分なステーはカットしました。
 
 

 
 
 
 

 
 
 
バッテリーBOXはWMのものではなく、以前にペイトンプレイスで販売されていて
 
FRP製のものです。
 
すいぶん前にオークションで入手しましたが僕のSRには合わなかったので
 
使用していませんでした。
 
エストレヤはSRに比べてバッテリーも大きく、電装系の部品が多いので、
 
配線の処理などに苦労しました。
 
 
 
これで、少しはマシになったかと。
 
あとはシートの後ろのふくらみが気になりますね。
 
ゆくゆくはシートにも手を加えたいです。
 
 
 
今は綺麗ですが、ずぼらな従弟がこれをちゃんと
 
維持できるかどうかが心配です。
 
そんな従弟の口癖は、
 
「SRを買えばよかった。」
 
です。
 
 
 
たまにSR以外のバイクに触れると、
 
いろいろと違いがあって面白いですね。
 
 
 
ただ他人のバイクいじりは面倒なので、
 
あまりしたくありません(爆)
 
2010-09-10 22:36 | カテゴリ:バイク関係のこと
 
僕がアルミ板で加工するときの方法です。
 
ものすごく原始的です(汗)
 
小学生の時にはまったミニ四駆の軽量化の経験が
 
生かされています(苦笑)
 
30歳過ぎてもやっていることはあの頃のままです(汗)
 
 
 
いつも使用するのは3ミリのアルミ板です。
 
これより薄いと耐久性が心配ですし、
 
これより厚いと僕の腕では加工するのが大変です(汗)
 
 
 
①アルミ板を作成したい物の大きさに大雑把に切り出します
 
 
 

 
 
 
②メーター径に合わせて取り付け穴の淵を地道に電動ドリルで開けていきます。
 
 
 

 
 
 
 
③これをペンチで穴をつなげ切り抜きます。
 
 
 

 
 
 
④切り抜いた穴をやすりで地道に整えます。
 
 
 

 
 
 
⑤外側の形を整えます。
 
 
 

 
 
 
 
⑥これをバフがけし、ニュートラルランプの穴と
 取り付けボルトの穴を空ければ完成です。
 
 
 

 
 
 

 
 
 
従弟のエストレヤ用のメーターステーでした。
 
 
 
メーターケーブルはライトケースに通しました。
 
 
 

 
 

 
アルミで何か製作すると削りかすやら破片やらが散乱するので
 
あまりやりたくない作業です(汗)
 
自分のや身内以外のだったら断っちゃうな(爆)
 
 
 
 
 
 
2010-04-16 00:19 | カテゴリ:バイク関係のこと
 
SRに乗っている方は振動対策でゴムワッシャーを使用する方が多いと思います。
 
でも、既製品のゴムワッシャーって意外と高いんですよね(汗)
 
かといって、ゴム板から自作で作ろうと思っても、
 
カッターやハサミなどでゴムをカットすると、
 
切り口がギザギザになってしまいませんか?
 
 
そんな時に役に立つのがこれです。
 
 
 

 
 
 
OLFAのサークルカッターです。(ピンボケしてしまいましたが…)
 
 
 
コンパスの要領でカットでき、直径約10φ~150φまで調整できます。
 
 
 
こんな感じでゴムをカットします。
 
 
 

 
 
 
これを使用すると切り口が綺麗なゴムワッシャーが簡単に自作できます。
 
 
 

 
 
 
このように、いろんな大きさが面白いほど簡単にカットできちゃうんです。
 
 
 

 
 
 
あとは中心を100均などでも購入できる穴抜きでボルト穴をあければゴムワッシャーの完成です。
 
 
 
タンクキャップのゴムなども、これがあれば簡単に安く出来ます。
(※石油系が触れるところはフッ素系のゴムを使用します。)
 
 
 
値段は、近所のホームセンターで480円でした。
 
 
 
どうでしょう、みなさん?
(※けっしてOLFAの回し者ではありません(爆))