SRのこと The Motorcycle Dieries in NK. ~Soulfitのブログ~
FC2ブログ
2018-09-19 18:09 | カテゴリ:SRのこと


以前から自分のSR眺めてて思うこと。







色味が少な過ぎじゃない?
なんかギラギラし過ぎてメリハリがない気がする。



だいぶ前からエンジンケースカバーを塗装しようか悩んでいたんです。



これとか、







こんなのとか、








こんな感じとか、








マグネシウム風ゴールドにしたらカッコ良さそうだなー、と。



塗装すればアルミ磨きの労力が少し軽減するし(笑)



で、
塗装方法についてアレコレと調べてると、
リンクルやらパウダーやらと色々あるんですよね。



どうせやるなら自家塗装ではなくプロに任せたいなと考えていましたが、
なかなか決め手になるものがなく年月だけが過ぎて行きました。



そうこうしているうちに、
エンジンケースカバーの塗装についての熱が冷めてきてしまったのですが、
今年五月に山中湖で行われたSRの集まりで、一台のSRと運命的な出会いがありました。








じーまさんのSRです。



このSRのケースカバーが僕のイメージにピッタリでした。



その日は挨拶もそこそこに、後日改めてお話させて頂くと、
なんとプロの塗装業の方で、パウダコートを専門でやられているとのことで、
色々と相談させて頂きまして、塗装して頂くことになりました。



塗装するにあたって、
現在取り付けてあるケースカバーは苦労して鏡面加工しもったいないので、
ストックしてあるものを使用することに。



下処理はじーまさんが丁寧にして下さいました。

















完成品がこちらです。








プロにお願いしてよかったです。
自家塗装だとこんなに綺麗に出来ません。




早速取り付け。













はいカッコいい。(笑)



全体像。











ゴールドが入ることによって、ボヤけた感じだったエンジンが引き締まって見えます。



ビフォーアフター。











イメージ通りです。


じーまさん、ありがとうございました!



満足満足♪


スポンサーサイト
2018-08-23 09:47 | カテゴリ:SRのこと
車検に行ってきました。



17歳から乗り始めて、今年で23年目。



光量以外は一発合格。



そろそろハーネスを新しく作らないと。



色々とガタが増えてきたけど、まだまだよろしくお願いします。







2018-07-25 23:40 | カテゴリ:SRのこと
2ヶ月前になりますが、ぴょん吉さん主催の山中湖親水公園で行われたSRミーティングに行ってきました。








SNS上で繋がりあった方達と実際にお会い出来て楽しかったです。



マサルさんのSR。
フルカウルとシングルシートはFRP大好きイドさんが作成したものです。








ジーマさんのSR。
パッと見ライトが有りませんが、さりげなく付いています。









コースケさんのSR。
自作のフルカウル。
ストロボカラーがたまりません。
色々な工夫があって勉強になりました。







TTさんのSR。
自分のSRより輝いているSRを初めて見ました笑







さいかちさんのSR。
お久ぶりのさいかちさん。
以前お会いした時は純正風カスタムだったのですが、こんなに進化していました。







久しぶりのミーティングでしたが、濃い面々のおかげでとても楽しい時間を過ごせました。



次はデイトナかな?



満足、満足♩


2018-04-16 19:04 | カテゴリ:SRのこと

長いこと愛用しているスティンキーのシングルシート。







シート下部のラインを変更したり、ETC用の加工したりしたのが7年前。



今回タンクの塗装と一緒にこのシートも塗装をお願いしたので、塗装前に以前からやりたかった加工をしてしまおうと。



それは、シート取り付けステーの加工です。



このシングルシートのオリジナルの取り付けステーはカスタムシートではよくある、ボルトがある程度前後に調整出来るタイプのものでした。







これがイケてなくて、車体の振動がダイレクトに伝わ流のでロングツーリングに向いていません。



これを純正のダンパーステーが取り付けられるように加工します。



そのままでは取り付けられないので、まずはいらない部分をカットします。







次に、ダンボールと養生テープで作った型をはめます。







その上からFRPを蓄積していきます。







硬化したら型を取り外し、表面を整えます。







純正のシートステーを合わすとこんな感じです。







これで完成と思ったのですが、ちょっと計算違いで、思ったより取り付け位置が高くなってしまい、後ろから見た時のフェンダーとの隙間が空いてしまって不恰好なので作り直します。







せっかく作った箇所をカットします(泣)







前回の土台を利用して、今回は小物入れ側からFRPを蓄積していきます。











ある程度硬化したら、裏側からもある程度蓄積します。







これで5ミリほどステーの取り付け位置が下がりました。







フェンダーとの隙間も少なくなりました。








これでシートの加工は完了です。



これをGrant Paint Worksさんに塗装してもらい、仕上がりはこちら。







トゥルントゥルン♩



裏側はつや消し黒で塗装してもらいました。







シート前方にはホームセンターで売っている耐震ゴムを使用しています。



取り付けるとこんな感じ。







シート下部をなるべく水平に、なおかつフレームのプレス部分が隠れるラインにしています。




ビフォーアフター。







見た目はほとんど変わりませんが、シートからお尻に伝わる振動は激減しました。



これでツーリングの時に少しマシになります。



満足、満足♪




2018-04-10 23:20 | カテゴリ:SRのこと
今回Grant Paint Worksさんに依頼した中に、10年以上ストックしていたアルミタンクも一緒に塗装して頂きました。







昔にブルックランズで販売していた、ロイヤルエンフィールドタイプのアルミタンクです。



昔からこのタンクが好きで狙っていたのですが、玉数も少なく、あったとしても状態が悪いなど、なかなかいい物に巡り会えませんでした。



しかし、思わぬ所から入手出来ましたが、その時はすでにスティンキーのアルミタンクを購入してしまっていたので使わずにストックしていました。



今回、バイク人生で初めてプロの塗装屋さんにお願いすることにしたので、この際にと一緒に塗装をお願いさせて頂きました。



購入以来一度も使用していなかったので、ガソリン漏れのチェックも一緒に。



仕上がりはこちらです。











トゥルントゥルンのテカテカです。



さすがカリン様。



色はスティンキーのタンクと同じく、マツダロードスターのネオグリーンで。



スティンキーのシングルシートも同じ色なので、何かあった時にはいつでも着せ替え可能です。



装着後はこちら。







ぱっと見の印象はスティンキーのアルミタンクとあまり変わりませんが、並べて見るとだいぶ違うのがわかります。







スティンキーのアルミタンクと比べると、ブルックランズのアルミタンクの方がタンク下部のラインが地面と水平に近く綺麗なラインです。



またタンク上部のラインも、スティンキー製のは前下がりになっているのに対して、ブルックランズ製のは水平に近く、SRをセパハン化にする際のネックである、たかいヘッドアングルを多少誤魔化すことが出来ています。



色味も希望通りに。
ソリッド系のダークグリーンにしたおかげで、光が当たっても嫌なラメ感は出ないです。







光の反射加減によって、色々な表情になります。







車体の正中線を合わせるのが面倒だから、今回はタンクも、シートにもラインは入れずに単色にしました。



ちょっとシンプル過ぎたかなと、時間が経つにつれて感じて来ているので、ゆくゆくは革でタンクベルト作成したり、ニーグリップラバーつけたりと、ちょっとアクセントを加えようかと思案中です。



因みに、タンクからのガソリンの漏れはありませんでしたが、エノットのタンクキャップからはガソリンがダダ漏れでした(汗)







パッキンが硬くなっていたので、それが原因かと思い、耐油系のゴムでパッキン作成し交換しましたが、それでも治らず…。
よく見てみると、キャプの接合部分が怪しそうです。







古い接着剤を綺麗に剥がして、







Grant Paint Worksさんに教えてもらった、接着剤を塗りました。











硬化後、試走しましたがガソリンは全く漏れなくなりました\(^o^)/



満足、満足🎶